2017.09.15

この記事をシェアする

2年間運営したBAKEのオウンドメディアをリニューアル!改善点などをご説明します

2年間運営したBAKEのオウンドメディアをリニューアル!改善点などをご説明します

2017.09.15

この記事をシェアする

0ccecd02edce424f8f136eb9fcc9b1b9_30_1600 こんにちは!BAKE Inc.(以下BAKE)インハウスエディターの名和(@miiko_nnn)です。 私が主に担当しているのは、BAKEのオウンドメディアであるこの「THE BAKE MAGAZINE」です。 THE BAKE MAGAZINEは、食や農業、デザイン、サイエンス、テクノロジー、マーケティングなどにまつわる記事を発信したり、BAKEで働く人たちのストーリーを紹介する場として、2015年5月に始まりました。 気づけば、立ち上げから2年以上の月日が流れ、現在は毎月15万PV、10万セッションほどの方々が来てくださっています。 読者の方々から届くのは、「BAKEの取り組みが面白い!」という声や、「BAKEで働いてみたくなった!」という声。本当に、ありがとうございます……! 先日オープンした大阪の新店にも「THE BAKE MAGAZINEのインタビュー記事を見て……」と応募してくださった方が多く、インタビューに出てくれた店長さんと一緒に喜んでいました。 また、毎日一緒に働いている仲間のことを深く知れるため、社内スタッフからも愛読されているようです。BAKEの仲間は全国各地、世界中のお店で働いているのでなかなか面と向かって話せない人も多いのですが、ネットを通して理解が深まるのは、オウンドメディアの隠れた魅力かもしれません。 お客様、働きたいと思っている方、そしてBAKEの仲間や取引先の企業様……訪れる方によって求めるニーズも様々なのですが、より良いオウンドメディアを目指して、本日フルリニューアルいたしました!

ビフォー / アフターでどう変わった?

さっそく、以前のデザインと見比べてみたいと思います。まず、これまでのトップページはこちら。 image7 すでに懐かしい昔のTHE BAKE MAGAZINE……チーズタルトを彷彿とさせるイエローを基調とし、ポップな印象です。「お菓子屋さんのスタートアップ」として、フレッシュなメディアを目指していました。 そしてリニューアル後がこちら! image4 これまでのデザインよりも、マットでクラフト感のある雰囲気になりました。 ディレクションはTHE BAKE MAGAZINE編集長の塩谷さんが行い、ロゴデザインはインハウスデザイナーの井手口さん、WebデザインはMÉMの前田健治さん。構築はいつもお世話になっているworkhouseさんにお願いしました。 では、ここから塩谷さん(@ciotan)にバトンタッチします!

企業の「顔」としてフルリニューアル!

こんにちは、ここから塩谷です(笑)! ビジネス情報と、スイーツ情報という一見正反対に思えるようなコンテンツを同時に発信しているTHE BAKE MAGAZINE。企業の「顔」になるパリッとした印象と、思わず親近感を抱いてしまうような柔らかな印象を併せ持ったデザインにしたい!と、デザイナーの前田さんにご相談しました。 また、記事によっては社内外のスタッフや読者の方々が、何度も、何年も見てくださるものもあります。実際、2年4ヶ月前にローンチした創業者・長沼真太郎さんの記事は、今でも毎日読まれています。 そんなメディアだからこそ、突飛なデザインで奇をてらうよりも、読みやすさを第一に考えました。ワイヤーフレームはとってもスタンダードな形にしています。普通ですね……(笑)。 image1

リニューアルでどこが変わった?3つのポイント

1.写真で魅せられるようになったため、スライダーを設置

0ccecd02edce424f8f136eb9fcc9b1b9_30_1600 リニューアルに際して、トップページに写真を大きく魅せるスライダーを新設。これはBAKE社内に写真が上手なインハウスエディター・フォトグラファーが数名入社したからこそ出来ること。(頼もしい!泣) 立ち上げ時は、このメディアを私ひとりで運営していたのですが、写真も私がスマホで撮影したものばかり…。 写真の質にこだわることが出来る体制になった今だから、こうした「魅せる」レイアウトを組むことが出来ました。

2.就職希望の方が迷わないような、導線設計

「BAKEに入社したい」と面接に来てくださる方のほとんどが、このメディアの読者でもあります。 ただ、THE BAKE MAGAZINEでは自社の情報だけではなく、他社さんのインタビューや、食とサイエンスにまつわる記事も発信しているため、就職希望の方にとっては「記事が多すぎてどこから読めば良いのかわからない……!」という問題がありました。 なので、以下3点の導線をつくりました。 image2 まず、グローバルナビゲーションに「BAKEではたらく人」という項目を追加! image3 そして、左カラムに、BAKEにまつわる記事を3つ表示!古い記事が埋もれないようにしています。 image6 最後に、左カラムの一番下に、採用サイトへのバナーを設置!PCでTHE BAKE MAGAZINEを読んでいるときは、スクロールをしても、このバナーは固定で表示されています。いつでも採用サイトに飛ぶことが出来ます(笑)!

3.英語ページも出来ました(ほんのちょこっと)!

実はこっそり、英語ページもスタートしました。 今後どんどん加速する海外展開。文化が異なる海外のBAKEの仲間にも、そして海外のお客様にも、BAKEという北海道発のお菓子屋さんの理念を届けたい! そんな気持ちで、必要な記事は英訳して海外にも情報発信していきます。今はまだコンテンツが少ないですが、今後をお楽しみに…!

"BAKE Inc. has opened over 20 stores overseas in just a year and a half. Meet the vanguard female commander!"
BAKE Inc. has opened over 20 stores overseas in just a year and a half. Meet the vanguard female commander!

まだまだ、改善点もある中でのリニューアルですが(大きなモニターで見たときは、右側が寂しいですよね…!)、今後も日々改善してまいりますので、あたたかく見守っていただければ、嬉しいです! ローンチ当初はすごーく小さな社内の出来事も記事にしていた、THE BAKE MAGAZINE。 会社の成長に比例して、扱うニュースもどんどん規模が大きくなってきました。姿形を変えつつも、こうして2年以上も続けられるのはとっても幸せなことです。編集部の仲間も増えました。 今、THE BAKE MAGAZINEの中心的存在として編集を担っているのは、インハウスエディターの名和さん。最後にあらためて一言、名和さんにバトンタッチいたします〜。

これからも、THE BAKE MAGAZINEをよろしくお願いします!

名和:BAKEの成長とともに、THE BAKE MAGAZINEも少し大人っぽくなりました。まっすぐに、真面目なサイトデザインを見ると、記事を書く私たちもすっと背筋が伸びるような気持ちになります。 私事ではありますが、わたしがBAKEにジョインしてからもうすぐ1年が経とうとしています。ライター、カメラマン、編集者として、時には商品開発にも関わらせてもらったり、一年前の自分が想像できない仕事をしているように思います。 思いを込めてつくってくださった新デザインのTHE BAKE MAGAZINEに顔負けしないように、日々精進したいと思います! これからも、THE BAKE MAGAZINEをよろしくお願いします。

この記事をシェアする

いま話題の記事

the BAKE Magazine the BAKE Magazine BAKE INC. BAKE the ONLINE BAKE CHEESE TART CROQUANTCHOU ZAKUZAKU RINGO PRESS BUTTER SAND POGG Chocolaphil POSTBOX SAND COOKIE OIMON SOLES GAUFRETTE