2015.09.10

この記事をシェアする

「BAKEってどんな会社?」これまでの記事を総まとめ!

「BAKEってどんな会社?」これまでの記事を総まとめ!

2015.09.10

この記事をシェアする

bake こんにちは!THE BAKE MAGAZINE編集部です。 ここでは、THE BAKE MAGAZINEの中でも、私たちBAKEがどんな会社なのかをお伝えしている記事をまとめてご紹介させていただきます。

BAKEのミッション

BAKEが掲げるミッションや目標を、ここでおさらいします!

「お菓子のスタートアップ」を立ち上げて丸2年。1人から120人に増えたBAKEのこれまでと今後のミッション

history_of_bakehttps://www.bake-jp.com/magazine/?p=46 一番反響が大きかったこちらの記事。どういう道筋をたどって今のBAKEがあるのか、今後は何を目指しているのか?そんなことを代表・真太郎さんが伝えています!

Job Creation2015「あたらしい雇用を生み出している企業」にBAKEが選ばれました!その順位は…

jobcresum https://www.bake-jp.com/magazine/?p=2652 「Job Creation」というアワードにて、BAKEも受賞企業として選出していただきました。気になる順位と、授賞式のレポートです。

長沼真太郎(BAKE)長沼昭夫(きのとや)対談「スターバックスが、シアトルを有名にしたように。BAKEは世界中で、北海道のスイーツを有名にしたい」

naganuma_fam https://www.bake-jp.com/magazine/?p=4641 北海道で地元に愛される洋菓子屋さんを31年間続けてきたきたきのとやと、お菓子屋さんのスタートアップとしてオンラインや海外に挑戦中の、まだ3年目のBAKE。それぞれの代表であり親子である真太郎さんと昭夫会長の対談を通して、BAKEのこれまでとこれからを聞きました。

代表・長沼から新年のご挨拶<2017年>

2016_2017 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=6842 2016年の大きな出来事をふりかえりつつ、2017年に向けての真太郎さんからのメッセージをお伝えしています。

BAKEで働く人

BAKEには様々なバックグラウンドを持った方が集まっています。どんな部署で、どんな人たちが働いているのか? 一緒に働く仲間のインタビュー記事です!

大学には行かず、16歳で起業。ニューヨーク、東京、バンコクで仕事をしてきたアメリカ人エンジニアのお話

マックskype01https://www.bake-jp.com/magazine/?p=197 こちらはBAKE3人目のメンバーである、エンジニアのマックさんについての記事。 今はバンコクからリモートワークで参加してくれています。

美大を卒業して、制作会社で働くか、メーカーのインハウスデザイナーになるか、それともフリーランスになるか?

長沼有紀https://www.bake-jp.com/magazine/?p=286 新卒で制作会社のデザイナーを経験し、その後キャンドルデザイナーとして活躍していたユキさん。現在はBAKEのパッケージやデザイン、コスチュームまでトータルにデザインしています。

同じ商品でもこんなに変わる?デザインとPRの力で大行列になったお菓子の舞台裏

右:樽見 左:貞清https://www.bake-jp.com/magazine/?p=654 店舗設計のディレクションや、パッケージなどをデザインをしているクリエイティブプランナーの貞清さんへのインタビューです。 食欲減退の色である「青」を、なぜあえてザクザクのテーマカラーにしたかなど、新たなことに挑戦していくBAKEらしいお話をたくさん聞けました。

8年勤務した大手メーカーを退職し、スタートアップへ。そのモチベーションは「感動」をつくること!

seikehttps://www.bake-jp.com/magazine/?p=2264 従業員数10万人を超える大企業から転職した清家さん。現在はPICTCAKEのブランドマネージャーとして活躍しています。なぜお菓子屋さんのスタートアップにやってきたのか、そしてBAKEでの働き方について聞いてきました!

学生の頃から思い描いていた目標のために、大手商社からスタートアップへ。その研修先は、北海道の山奥にある牧場でした

中西さん https://www.bake-jp.com/magazine/?p=2832 現在人事部でお仕事されている中西さん。中西さんがずっと思い描いてきた目標と、それを達成するための第一歩となる「北海道研修」で感じた事などについてお話ししてくださいました。

スタートアップに「2番目」に入社するのはどんな人?逆境を逆境と感じない、BAKEのタフなマネージャー

th_ryotamura https://www.bake-jp.com/magazine/?p=3061 チーズタルトを担当している、ストア事業部のリーダー田村さん。タフさを感じさせる数々のエピソードに合わせて、BAKEが創業した当時の様子もご紹介しています。

地元・岡山の銀行から、東京のスタートアップへ27歳での転職。環境を大きく変えた理由とは?

miyake https://www.bake-jp.com/magazine/?p=3512 管理部長の三宅さん。地元・岡山の銀行から東京のBAKEへ転職してきた方です。当時の心境や、現在のお仕事について聞いてきました!

宇宙工学、広告代理店、起業、そして事業譲渡。色んな道を経験した35歳の今、お菓子屋さんに転職してチームを育てる毎日

春山さん https://www.bake-jp.com/magazine/?p=5424https://www.bake-jp.com/magazine/?p=5424 PICTCAKEなどを手がけるオンライン事業部の春山さん。「国産のもので、海外に勝負したい」という中で出会ったBAKEで、チームへの愛にあふれるリーダーとして働かれています。

ビジネスメールも、会議も、残業もいらない。世界1000店舗展開を目指す、BAKE海外進出の中心人物!

印牧正貴 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=4332 いつもすごく楽しそうに、チームを率いていらっしゃる海外事業部リーダーの印牧さん。「丁寧なビジネスメールも要らないし、残業もしない。異なった文化の人と仕事するのだから、日本独自のビジネス習慣は出来る限り省いて、シンプルに働くことを心がけています。」

1ヶ月あたり600万の経費削減に成功!でもそれだけじゃない、BAKE「購買部」の仕事

th_IMG_7737 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=7045 「誰も手つけていないけれど、絶対にやったほうがいいこと」を毎回手探りでも形にしていくという、購買部の舩元さん。仕事内容が明確に決まっていないからこそ、柔軟に仕事をする舩元さんにお話をお聞きしました。

オウンドメディアやSNSなどを、メーカーの「中の人」として運営したからわかった3つのこと

web https://www.bake-jp.com/magazine/?p=7456 THE BAKE MAGAZINEの編集長・塩谷が、BAKEで働くデザイナーやマーケターにインタビュー。制作会社でもなく、広告代理店でもないお菓子屋さんで働くメリットを聞きました!

実店舗を運営する、ストア事業部

焼きたてチーズタルトBAKEやクロッカンシューザクザクなどの店舗運営を行うストア事業部。 「ストア事業部ってどんなことをやっているんだろう?」詳しく知りたい方はこちらの記事!

チーズタルトを焼いてみました。現場の様子をお伝えします!

焼いてみた_塩谷舞https://www.bake-jp.com/magazine/?p=839 大阪福岡池袋、そして香港バンコク韓国にも出店することが決まった焼きたてチーズタルトBAKEですが、こちらは初めて関東へ出店した新宿ルミネエスト店についての記事。THE BAKE MAGAZINEの編集長である塩谷が、実際に働いてレポート記事を書いたものです。

遅れる工事、届かない12万個のチーズタルト…。バンコクにBAKEを開店したところ……

コップンカー https://www.bake-jp.com/magazine/?p=2822 チーズタルトのお店の中でも、大変な苦労を経てオープンしたバンコク店。伝え聞いた、当時の様子をお伝えします!

【号外】日本発の商品が、タイの国民的スイーツとしてこんなにも愛されていた…!

th_L1010054 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=6196 タイ最大の航空会社であるタイ航空では、タイの王妃様のお誕生日のお祝いとして、伝統ある名高いスイーツを国内線内で提供してきたそう。なんと、そのデザートにBAKE CHEESE TARTが選ばれました!

体験レポート!クロッカンシューザクザクがおいしい理由は?

ザクザクを焼いてみました_樽見祐佳https://www.bake-jp.com/magazine/?p=1118 インターンの樽見が、クロッカンシューザクザク原宿店で働いてきました!ザクザクにクリームを充填するのは簡単そうに見えて、とても難しかったです。

「紀元前から続くビジネス」に一生をかけて挑み続ける、農家のイノベーターとは?

新村浩隆さんですhttps://www.bake-jp.com/magazine/?p=408 また、ザクザクのクリームは、こちらでご紹介している十勝しんむら牧場さんの牛乳を使っています。あらゆる難題に立ち向かい、難しいとされていた放牧を100%成功させました。「ビジネスパートナーである牛の都合に合わせる」という言葉がとても印象的でした。

美味しいチーズの裏側に、私たちの知らない農家の現実がありました

th_吉川友二さんhttps://www.bake-jp.com/magazine/?p=2162 ありがとう牧場さんの牛乳も、ザクザクのクリームに使用しています。こちらも完全放牧にこだわって作られた牛乳です。冬季は搾乳しないという、牛本来の生活サイクルに寄り添った放牧を行っているそうです。

海外店舗のPRはどうする? BAKEシンガポールでのレセプションパーティーの様子をお伝えします!

th_CIMG6444 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=4859 実はBAKEのチーズタルトの第二の故郷とも言えるシンガポール。レセプションパーティ後にはなんと150以上のテレビや新聞でも取り上げていただき、反響をいただきました。

入社後たった半年でリーダーになった21歳。でも、「この人がリーダーで大丈夫?」だなんて言わせない!

kidoba_sakurauti3 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=5939 3年間で25店舗を展開するBAKE。24歳(取材当時)の若さで現場の最前線で働く「店長さん」を経験しているお二人に、ご登場していただきました。

BAKE初の自社工場を北海道・札幌に設立!敷地面積1500坪の新工場から、海外展開を加速します

https://www.bake-jp.com/magazine/?p=6659
https://www.bake-jp.com/magazine/?p=6659

株式会社BAKEでは、初の自社工場が出来ました! 飛行機の格納庫をイメージした外観デザインで、札幌から世界各国に進出する躍動感を表現しています。

Webが中心の広報・オンライン事業部

PICTCAKEの販売や、このTHE BAKE MAGAZINEなどのオウンドメディア運営を行う広報・オンライン事業部。「お菓子のスタートアップ」として欠かせない活動です。

お菓子屋業界を代表するメディアを作りたい。『cake.tokyo』をローンチしました!

th_caketokyohttps://www.bake-jp.com/magazine/?p=1392 「おいしいには、ストーリーがある。」をコンセプトにかかげ、お菓子の裏側にある物語を伝えているメディアです。 「お菓子業界全体を盛り上げる」というBAKEの目標に向かって、日本一のお菓子メディアを目指して誕生しました。

オウンドメディアをはじめて1ヶ月。すごい効果がありました

reporthttps://www.bake-jp.com/magazine/?p=519 THE BAKE MAGAZINEは、課題や改善点、また、良かったことを明確にする振り返りレポートを書いています。主にWebメディアを運営する方向けに書いています。こちらは運営一ヶ月目の記事です。

社内の様子

最後に、BAKE社内の様子が伝わる記事を、まとめてご紹介します!

創業3年、スタートアップから「会社」らしくなりました。100名の社員と共に、総会を初開催

twbakefes https://www.bake-jp.com/magazine/?p=6746 BAKEの正社員、総勢100名が一堂に会する初めての総会を行いました! 真面目な発表やスピーチの後は、食べたり飲んだりと大盛り上がりでした。

おなかがいっぱいになる1日。SonyとBAKEのアイデアソンで生まれた、おいしい空間

iroiro https://www.bake-jp.com/magazine/?p=4436 おいしい香りいっぱいに包まれて、BAKEとソニーさんのLife Space UXが合同で企画した、アイデアソン『SWEET TECH CREATION』を開催しました。 優勝チーム「Table Jockey」のプロトタイプは、自由が丘のBAKE CHEESE TART店舗の上にある、「OPEN LAB」でお披露目されました!

BAKE本社は、白金台に引っ越しました!4年間でお世話になった4つのオフィスも振り返り

twFotorCreated https://www.bake-jp.com/magazine/?p=6801 2017年で5年目を迎えるBAKE。これまでにお世話になってきた原宿→自由が丘(BAKEビル)→自由が丘(升本ビル)→白金台の歴代4つのオフィスをご紹介します。

出来ました。科学でお菓子を美味しくする施設「OPEN LAB」をBAKEが開設!

th_IMG_0935 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=4008 自由が丘のBAKEビル3階に完成した、「OPEN LAB」。これまで職人の感覚に頼ることが多かったお菓子作りという領域を科学的に解明し、より価値のあるお菓子/業態を開発していきます。

夏でも「サクサク」のタルトが食べたい。タルト内の水分活性を調査して実験を進めた結果…

gif https://www.bake-jp.com/magazine/?p=6045 BAKEのお菓子をもっと美味しくするために、科学的なアプローチで実験を重ねている「OPEN LAB」の活動をご紹介します。

BAKE初となる新卒内定式を行ないました!1人から200人に増えたBAKEの3年間も振り返り。

th_BAKE内定式 https://www.bake-jp.com/magazine/?p=2216 BAKE初となる新卒採用を行い、2016年春から新卒社員5人がジョインすることになりました。併せて、BAKEのこれまでの歩みもご紹介しています。

2017年度、新卒採用をスタートします!BAKEで働く新卒1期生に聞きました

12931300_630581953757157_1080823377344227757_nhttps://www.bake-jp.com/magazine/?p=6075 社員として4ヶ月半ほど働いてきた新卒1期生たち。BAKEに入社して、実際どうなの?」という感想を、それぞれ一言ずつ聞きました。

まとめ

ここまで、代表・真太郎さんのビジョンから、オフィスの様子までご紹介してきました。 BAKEはこんな会社なんだ~!と、今読んでくださっているみなさんに少しでもお分かりいただければなと思います…! これからもミッション達成へ向けての動向を、THE BAKE MAGAZINE内でレポートしていきます!

こちらも併せてどうぞ!

・株式会社BAKE 採用情報 ・株式会社BAKE Facebook

この記事をシェアする

いま話題の記事

the BAKE Magazine the BAKE Magazine BAKE INC. BAKE the ONLINE BAKE CHEESE TART CROQUANTCHOU ZAKUZAKU RINGO PRESS BUTTER SAND POGG Chocolaphil POSTBOX SAND COOKIE OIMON SOLES GAUFRETTE