カスタマイズ出来るチョコ「99chocolate」食べた後の意外な活用法とは…

2015.10.21

99chocolate

「カスタマイズが出来る」チョコレート、99chocolate.com。先日スマートフォンサイトもオープンし、毎日せっせと世界に1つだけのチョコレートが製造されております。

今日は、そのカスタマイズ方法をご説明させていただきましょう。簡単です。

カスタマイズチョコレートの注文方法

まずは99chocolate.comにアクセス。

01

ベースとなるチョコレートは3種類。
わたしは俄然、甘さ控えめビター派でございます。

02

たくさんのトッピングの中から、好きなものを6種類選ぶことができます!

04

こんなにもあるナッツ類(と、ごま)。

ピスタチオ!ピーカンナッツ!カシューナッツ!アーモンドスライス!アーモンド!黒ごま!松の実!白ごま!くるみ!マカダミアナッツ!かぼちゃの種!

テンポ感が「ポケモン言えるかな」みたいですね。

03

色々とトッピングしてあるお菓子は、なにか1つアレルギーがあると食べられない……という悲劇もありますよね。自分の身体にあったトッピングを選ぶことが出来るのは嬉しいです。

05

名前をつけることが出来るので「塩タンチョコ」と名付けました。我が名を授けられるのは喜ばしいことです。

06

送り先情報を入れます。これはちょっと面倒くさいですよね。この住所とか電話番号とか、指紋1つで全て察してくれないんですかね。テクノロジーの進化を願いつつ、がんばって入力しましょう。送料は全国一律で864円(クール便)です。

08

はい、お支払い方法の選択です。突如「ZEUSクレジット」なるものが現れますが、「なんでVISAカードじゃないんだよ!」と思わないでくださいね。これはVISAもマスターもJCBも使える、便利なクレジット決済サービスのことです。

09

そんなこんなで注文を終えると、一週間後にあなただけのチョコレートが届きます。黄色いパッケージがチャームポイント。

choco

お友達にプレゼントしたところ「かわいい!」「こんなチョコレートはじめて見た!」という上々の反応をいただきました。そして味がまた美味しいのです。個人的には唐辛子と、バナナチップスのトッピングが大好きです。

食べた後の99chocolate活用法

ここまででご紹介は終了……するはずだったのですが、BAKEの大学生アルバイト・たるちゃんがこんな活用法を提案してきました。

たるちゃん幼児

!!!

99chocolateのパッケージに、iPhoneがスッポリはまっています。iPhoneのガジェット感が一気に薄れて、まるでファンシーなフォトフレームのようですね。

ちなみに、この赤子はたるちゃん本人らしいです。かわいい。

ということで、ちょっと遊んでみましょう。

↓こちらは、十勝しんむら牧場さんの牛です。この取材の日に撮影したもの。かわいいですね。

牛

↓今年の夏に見た花火です。長野県・野尻湖にあるゲストハウスLAMPに宿泊したとき。空気が澄んでいる場所で、湖に反射する花火は最高なのですが、伝わりますでしょうか。

花火

↓動いている私です。身体を動かして楽しむアート作品を体験しているところなのですが、残念ながら頭がおかしい人にしか見えません。

塩谷

これはひどい。子どもの頃から「動き方がちょっと変だよね」と言われ続けてきましたが、客観視するとこんな感じなんですね。

最後には良い絵で締めくくりましょう。友人の結婚式、新郎新婦が風船を飛ばしたときの様子です。99chocolateの黄色とピッタリですね!なんともファンシー!

なっちゃん

プレゼントに嬉しい99chocolate

99chocolateの特徴は、手に取った瞬間にテンションがあがってしまうような、鮮やかなパッケージ。そして「あなただけのため」にカスタマイズされたチョコレートは、プレゼントにもぴったりなんです。

カスタマイズするケーキPICTCAKEもあるのですが

より気軽に、お友達やお仕事のお客様に向けて、カジュアルにプレゼント出来るのが魅力です。

これからは、コラボプロジェクトも動き出すので、どうぞお楽しみに!

こちらも併せてどうぞ!

・PICTCAKEのリニューアルのためアプリレビュー会を開催したら、大変なことになりました

・「お菓子のスタートアップ」を立ち上げて丸2年。1人から120人に増えたBAKEのこれまでと、今後のミッション(長沼真太郎)

・株式会社BAKE 採用情報

・株式会社BAKE Facebook

前の記事

スタートアップとベンチャーの違いは?スタートアップ的チェックテスト【20項目】を作りました!

次の記事

美味しいチーズの裏側に、私たちの知らない農家の現実がありました