普段から要素の少ないデザインを心がけています。共に店の既存構成要素である、箱とトレイから、それぞれサイズと素材を抽出し、90mm角のアルミニウムタイルをデザインしました。鋳造ならではの多少ランダムな表情を持つそのタイルを、ルールに則して並べていくことにより、水平垂直が美しい違和感のない空間を作り出しています。 / 角田陽太

駅内コンコース内にある28.4㎡の横長のロケーション。最初に白図を見たとき、レイアウトが浮かんできました。カウンターを中心に、チーズタルトを作るパティシエの洗練された動きをダイナミックに表現するインスタレーションのような工場を連想しました。横長の空間を、幾何学的かつ緻密にワンマテリアルのみで壁面を構成し、ダイナミックなスペースを表現しています。マテリアル選択は、チーズタルトを焼くときに使用するアルミトレイからインスピレーションを得、アルミの型からオリジナルで作った鋳造タイルです。鋳造アルミタイルは、一つ一つ表情の違いが表れ、幾何学的に壁面に配置したにもかかわらず、リズミカルに温かみを感じられる表情となりました。 / 波田野好胤