店舗丸ごとショーケースに見立てたチーズタルト専門店。中世ヨーロッパの街並みをモチーフとした天神地下街の周辺環境に合わせて全体照度を落としながら、洋菓子のショーケースに見立てたカーブガラスで店舗ファサードを覆い、店内のチーズタルトを明るく浮かび上がらせることで、地下街を往来するお客様が一目でチーズタルトの専門店と分かるよう設計しています。

店内に入ると目の前のカウンターの上にはチーズタルトが整然と並び、お客様はまるでショーケースの中に入り込んだように錯覚します。長さ4mのロングカウンターには、特殊弾性モルタルを採用し軽量・強化することで、極細の鉄筋で浮遊させることを可能にしています。浮遊するモルタルのカウンターと黒皮鉄で仕上げたオリジナルの照明器具は、工場独特のインダストリアル感と素材感を、食の専門店という清潔さが必要な空間へと洗練させ、チーズタルトの素朴な素材感や手づくり感と相まって、独特な雰囲気を醸し出しています。 / 高須学