「Chocolaphil(ショコラフィル)」1号店は自由が丘に。コンセプトやデザインのストーリーを公開します!

2019.01.31

新ブランドとなるガトーショコラ専門店「Chocolaphil™(ショコラフィル™)」1号店が、いよいよ明日、2019年2月1日自由が丘駅直結の商業施設「エトモ自由が丘」内にオープンいたします!

【店舗概要】
店舗名:ガトーショコラ専門店「Chocolaphil™」 エトモ自由が丘店
商品:焼きたてガトーショコラ ロンド 1個320円、ガトーショコラ レクタングル 1個2916円
所在地:東京都目黒区自由が丘一丁目31番11号(自由が丘駅改札外)
営業時間:11:00〜20:00  
オープン日:2019年2月1日
※オープン初日は営業時間が変更になる可能性がございます。
※価格は税込み価格

エトモ自由が丘店では「カカオニブ」を「焼きたてガトーショコラロンド」にトッピングしてご提供しています。

チョコレートよりもチョコレートなガトーショコラ」をコンセプトに生まれた「Chocolaphil™(ショコラフィル™)」。

私達は、チョコレート本来の味わいを楽しむには、「香りと口溶け」ふたつの要素が鍵になることを発見しました。チョコレートをそのまま食べるより、身体の熱で香りが開花して、口溶けの瞬間を一番楽しめるお菓子が、ガトーショコラでした。

ガトーショコラをBAKEの視点でとことん深掘りし、生まれた「ショコラフィル」。お菓子そのものはもちろん、デザインやお店、隅々にまでBAKEらしさが宿っています。

本日のTHE BAKE MAGAZINEは、パッケージやお店のデザインについてお届けします。

ショコラフィルのデザイン、テーマは「New Classic」

1)ブランドカラー「ウルトラマリン」に込めたストーリー

BAKE CHEESE TARTはイエロー、クロッカンシュー ザクザクは水色、RINGOは赤、など、BAKEブランドを代表する色があります。

新ブランドとなるショコラフィルは、鮮やかな青。

海を越えてきたカカオをイメージソースに、広大な海を思わせる鮮やかな青色、「ウルトラマリン」を採用しました。

ウルトラマリンは昔、中東から産出されるラピスラズリがヨーロッパに渡ったときに名付けられました。まさに、海を越えてきた青色だったのです。

さらに、パッケージには「ウルトラマリン」に加え「シルバー」をキーカラーとしています。


「シルバー」はチョコレートの味や風味を守るために昔から使われている「銀紙」からインスピレーションを受けています。

ガトーショコラの味わいを守る機能性と、一粒のカカオから派生するものの広がりや反響(リフレクション)を表現しています。

チョコレートを包む銀紙は、実は機能を兼ね備えていました。多くの人の記憶の中の”チョコレートらしさ”と結びつく素材を、デザインに昇華させています。

2)ブランド名、ロゴタイプの秘話

ブランドネームであるChocolaphil(ショコラフィル)は

「Chocolate(チョコレート)」を
「Phil(愛でる)」

という言葉を組み合わせた造語で、口にした瞬間の満ち足りた気持ちをネーミングに込めました。

フィルハーモニーの意味では「音楽を愛する者」という意味を持ち、まさに、チョコレートを愛するすべての人へ、自信を持って贈るガトーショコラとして命名されました。

また、ロゴタイプは「Bodoni」というフォントをベースにつくられています。よく見ると、OとCがつながって、溶けるようなイメージを連想させます。

18世紀後半、イタリアのタイポグラファーであり印刷工であるボドニさんがデザインした書体。女性らしさと力強さをあわせ持つ書体で、モダンな佇まいのロゴタイプに


3)BAKEの新たな領域を見せる、店舗デザイン

これまでのBAKEブランドの店舗では、ひとつの商品にフォーカスし、その商品をいかに象徴的に見せられるかを考えてデザイン・設計されていました。

PRESS BUTTER SAND 東京駅店

そのため、全体のデザインは抽象的で、装飾性が削ぎ落とされていました。さらに、店舗そのものが1つの「機能」として成立した美しさを持つ空間を目指してきました。

BAKE CHEESE TART グランスタ丸の内店

これが

「工房一体型」

という形態が生まれた背景です。

商品の魅せ方、届け方にこだわった結果、合理的で機能的な店舗デザインに行き着きました。RINGOアミュプラザ大分店

今回のショコラフィルでは「工房一体型」の機能性はそのままに、これまでのBAKEブランドにはない、情緒的な表現を店舗デザインに取り入れています。

映り込みや反射を繰り返す『鏡面素材』を積極的に使用することで、ブランドが持つ「没入感」やプロダクトそのものの「艶やかさ」や「華やかさ」を直接的に表現しています。さらに、ブランドカラーの所以となる『カカオの波及』を意味しています。

天井面には不規則に構成された鏡面素材が使用されており、このパーツ1枚1枚が手作業で貼られています。また手前のロンドディスプレイは、アマゾンの原生林に実をなすカカオの樹からインスピレーションを受けています。

『鏡面素材』で構成された店内では、人やモノ、光の動きが反射を繰り返し、常に異なる表情を見せてくれます。

デザインコンセプトである「New Classic」。古くからあるものや見慣れたものを異なる視点で再解釈し、新しい価値に転換させる。機能的な空間に情緒的な側面を落とし込むことで店舗デザインへと昇華されています。


公式サイトがオープン!

公式サイト:https://chocolaphil.com/

サイトディレクションはBAKEのWEBディレクター・デザイナー兼フロントエンドエンジニアである小野澤慶が担当しました。

サイト制作はSuper Crowds inc.が手掛けました。

Instagramキャンペーン実施中!(~2/28まで)

抽選で100名に「焼きたてガトーショコラ ロンド」2つと引き換えできるギフトカードのプレゼントキャンペーン実施中です。

2019年2月28日までにフォローした方の中から抽選となりますので、ぜひフォローして最新情報をチェックしてみてください!(当選者にはDMでご連絡します。)



店舗にいらしたとき、自分で食べるとき、誰かに贈るとき、話してみたくなるストーリーはありましたか…?

商品のこだわりやコンセプトについてはこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

BAKEの新ブランドはガトーショコラ専門店「Chocolaphil(ショコラフィル)」2月1日自由が丘にオープン! 

あわせてどうぞ

BAKEのバレンタイン限定商品がずらり!Chocolaphil、BAKE CHEESE TART、プレスバターサンドの期間限定ショップ情報も

スイートポテトパイ専門店「POGGラゾーナ川崎店」が11月末にオープン!さくっ、ほくほく、とろり……3つの食感がひとくちに

現役デザイナーに「デザインをやり続ける理由」を聞いたらエモい答えが返ってきた #なんデザ イベントレポート【有馬トモユキ×オオタタカヤ×吉田直記×小野澤慶】

前の記事

新宿に焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」がオープン!

次の記事

お菓子工場の工場長って、どんな仕事?BAKEの北海道工場で聞いてみた